夫婦

By , 2009年1月18日 11:51 AM

ここ 2年くらいで、周りの人間が何人か結婚しました。私も年齢的に「結婚しないんですか?」という失礼な質問を良く受けます。「セクハラだ!」と憤慨してみるのですが、相手が誰かを紹介してくれるのかなという下心も手伝って、「え?誰か良い人いるんですか?」と聞くと、たいてい興味本位です。

結婚というのがどういうものか、未婚者にはわかりませんが、らばQに、偉人たちの「妻」にまつわる名言・格言集が載っていました。面白かったところから、いくつか抜粋。

 偉人たちの「妻」にまつわる名言・格言集

・夫と妻はコインの両面のようなものだ。 向き合えないくせに一緒にいなくちゃいけない。 (ヘマント・ジョシ)

・ともかく結婚せよ。 もし君が良い妻を持てば、幸福になるだろう。 もし君が悪い妻を持てば、哲学者になるだろう。 (ソクラテス)

・結婚してもしなくても、君はどのみち後悔することになる。 (ソクラテス)

・今までに私が答えることのできなかった…偉大なる疑問は…『女は何を欲しているんだ?』 (フロイト)

・僕はもうテロを恐れない。 2年も結婚していたから。 (サム・キニソン)

・俺は二人ほど妻を持ったが、どちらも運に恵まれなかった。 一人は俺の元を去り、もう一人は俺のところから去ってくれない。 (パトリック・マレイ)

・円満な結婚生活を送る二つの秘密。 (ナッシュ)
1. いかなるときも自分が間違っているときは認めなさい
2. いかなるときも自分が正しいときは黙っていなさい

・男が妻のために車のドアを開けてあげるのは、車が新しいか、妻が新しいかのどちらかだ。 (作者不詳)

・よく結婚生活を長く続ける秘訣を聞かれるのだが、僕らは週に2回レストランに行き、小さなキャンドルライト、ディナー、静かな音楽、そしてダンスを楽しむ。妻は火曜日、僕は金曜日に行くんだ。 (ヘンリー・ヤングマン)

・精神科医というのは妻が無料でしてくれる回答を、高額でしてくれる人のことである。 (作者不詳)

・結婚というものについて、根本的な真実を示しておこう。 妻が管理人だ。 (ビル・コスビー)

・妻と私は47年結婚しているが、たったの一度も離婚を考えるほどの言い争いをしたことはない。 殺人はある。 しかし離婚はない。 (ジャック・ベニー)

・完璧な妻とは、完璧な夫を期待しない女である。 (作者不詳)

・妻というのは、若い男の愛人であり、中年男性の友であり、老人の看護士である。 (フランシス・ベーコン)

・成功した男とは、妻が使うお金より多く稼ぐ男のことで、成功した女とは、そんな男を見つけた女のことよ。 (ラナ・ターナー)

良いものでもないけど、そんなに悪いものでもないというニュアンスでしょうか。

そう思ったら、また興味深い記事が。

 夫婦げんか、月1、2回が最多=6割「折れるのは男性」-民間調査

1月 17日 15時 34分配信 時事通信

夫婦げんかは月に 1、2回が 27%で最も多く、6割は夫が折れて仲直り-。民間会社の「結婚情報センター」(東京都)による既婚男女  660人への調査で、こんな結果が出た。近畿は数年に1度、甲信越は週 1、2回が、それぞれ月 1、2回と同率トップ(各 23%)となり、地域差も見られた。
昨年 12月 1日から今月 5日にインターネットで調査し、全国の男女各 330人が回答した。夫婦げんかの頻度は月 1、2回が最多で、年 1、2回(25%)、数年に 1度(19%)、週 1、2回(16%)と続いた。「しない」は 10%、「毎日」は 2%だった。
けんかの内容は「態度・価値観」が 27%で群を抜き、学校や教育方針など子供関係(15%)、家事関係(14%)の順。全国的には 10%で5位だった給料や小遣いなど家計関係が、北海道と沖縄県はそれぞれ 15%、16%で、2番目に多かった。
仲直りまでの期間は「寝て起きたら」が 45%、「すぐ」 25%、「2、3日」 23%だった。3%は「1週間以上」とした。

6割も夫が折れるのか・・・orz

亭主関白を夢見る私には辛い現実です。


Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy