勘違い

By , 2010年3月14日 9:28 PM

今日は昼間、酔っぱらって Twitterでいろいろ呟いていました (ちなみにユーザー名は migunosukeです)。

バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ・パルティータの話題になったとき、シャコンヌの88小節目が自筆譜では 3度低く書かれていることを私が指摘したのです。

そうすると、「tinouye」さんという方が、間違いを指摘してくださいました。

その部分の前のト音記号が3度下にかかれていて、「フレンチ記号」というのだそうです。その場合、普通のト音記号より3度高く演奏するのだと。音域が高くて楽譜が書きにくいときのテクニックらしいです。

いやー、「何でバッハの自筆譜と録音が違うのだろう??」とずっと思っていて、なおかつ勘違いしていたのが解決して良かったです。

Twitterって、デマが広まりやすい可能性が指摘されていますが、逆に知っている方に訂正して頂ける可能性がありますね。

教えて頂いた方、感謝感謝です。

Visits: 19 | Today: 0 | Total: 332083

Post to Twitter


Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy