医師が患者になるとき

By , 2012年3月27日 6:26 AM

週間医学会新聞で毎回楽しみにしている李啓充先生の文章。今回は、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) についてでした。

続 アメリカ医療の光と影  第218回 医師が患者になるとき 李 啓充 

この疾患を克服することは神経内科医の悲願ですが、この疾患に冒されながら啓蒙活動を続けたオルニー先生の話です。神経内科医は是非一読を

Visits: 99 | Today: 0 | Total: 334781

Post to Twitter


Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy