オペラシティ

By , 2006年12月19日 8:13 AM

知人から頂いたチケットで、オペラシティの演奏会に行ってきました。貰い物のチケットばかりで恐縮です。チケットが2枚あったので、先輩医師と一緒に聴きに行きました。先輩医師は学問上の良いディスカッション相手で、医療問題についてもしばしば議論します。非常にインテリジェンスの高い方です。私が以前勤務していた郡山の病院で働いていたことがあります。

12月13日 オペラシティ
第204回定期演奏会
・ピアノ協奏曲第25番ハ長調K.503 (W.A.Mozart)
・交響曲第6番イ短調「悲劇的」(G.Mahler)
指揮:飯守泰次郎指揮、ピアノ:高橋アキ
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

ピアニストの高橋アキさんは、とても音が綺麗でした。しかし、オケとの練習が少なかったのか、しばしば両者の演奏にズレがありました。特に、少し間を置きたい場所などの打ち合わせが十分でなかったような印象でした。多くの場合、オーケストラとソリストの事前練習は十分とれないので、仕方のない気もします。

マーラーは、先輩医師が「初めて聴いた」音楽。新鮮な感動を味わい、「是非、また聴きたい」とのことでした。すごく迫力のある演奏でした。バロック、古典派を聞き慣れた耳には違和感がありますが、それまでの音楽から脱却し、より新しい音楽をというのは、時代の要請でもあります。1903年に作曲されたこの曲は、そのような聴衆の要望に応えるものです。一方で、曲の長さに疲れます。

演奏が終わって、オペラシティのレストランで先輩医師と食事をし、音楽史や和声、曲の構造についての講釈を垂れてみたのですが、先輩医師は浮かない顔。何度もメール、電話をしています。「かみさんが出ない。家にいるはずなのに。怒っているのかなぁ・・・。」前日は忘年会の後、私と深夜まで飲んでいて、その日は私とまた飲みに行ったことが妻の逆鱗に触れたそうで、帰宅後こってりしぼられたと後日聞きました。

Visits: 148 | Today: 0 | Total: 624205

Post to Twitter


Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy