ルーマニア国際音楽コンクール

By , 2012年6月17日 10:05 AM

古い話になってしまいましたが・・・。1月24日にルーマニア国際音楽コンクール入賞者披露演奏会を聴きに行って来ました。

2012年1月24日 会場18:00 開演 18:30

サントリーホールブルーローズ

1. ピアノ部門奨励賞:高橋健一郎

2. 管楽器部門第1位 (サックス):荒木絵美

3. 声楽部門第1位・ルーマニア大使館賞:善国亜由子

4. アンサンブル部門第1位・日本ルーマニア音楽協会理事会賞・オーディエンス賞 箏三重奏:内藤美和・本間貴志・マクイーン時田深山

5. 打楽器部門第1位(マリンバ):渡邉弥生

6. 管楽器部門第1位・本濱寿明

7. 弦楽器部門第一位(ヴァイオリン)・コンチェルトデビュー賞・最優秀賞:石神真由子

このコンクール、ルーマニアの方々の演奏を聴けるかと思ったら、過去の入賞者はほぼ全員日本人、日本で行われるという、正真正銘の日本のコンクールだったんですね。コンサートの終わりにルーマニア大使が挨拶したりという演出はありましたが・・・。

演奏はというと、普段聴けない楽器の演奏が非常に新鮮でした。特に、箏やマリンバが素晴らしかったですね。一方で、確かに上手いのだけどソリストとして食べていくにはちょっと難しいかなと思う方もいました。

最後にヴァイオリンということで、石上真由子さんの演奏 (無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番:イザイ) について。彼女は京都府立医大の学生で、私が注目していたヴァイオリニストの一人です。でも、今回の演奏は、メタメタでした。妹が聴いた最近の別の演奏会でも、出来が悪かったらしいです。上杉春雄先生のように、医業と音楽を両立させた稀有な例はありますが、彼女のような「未完の大器」的な荒削りなスタイルでは、難しいのではないかと感じました。

Visits: 118 | Today: 0 | Total: 591113

Post to Twitter


2 Responses to “ルーマニア国際音楽コンクール”

  1. カッキー より:

    いつも、色んな分野の面白い話をワクワクしながら読ませていただいていたのですが、突然上杉先生の名前が出てきたので、ビックリしました。上杉先生の演奏いいですよね。普段の気取らない人柄もなかなかいいですよ。才能って凄いなぁ、と思います。みぐのすけさんも、凄い幅広い才能で色んなことを優しい真っ直ぐな視点で伝えてくださるので、いつもビックリします。それに、若者なんですよね?どんな人かな?と想像しながら楽しくよんでます。
    これからも、応援してます。

  2. migunosuke より:

     カッキーさん、コメントありがとうございます。
     上杉先生の演奏は CDでしか聴いたことがありませんが、空気が素晴らしいと思います。上杉先生の学問の師匠から、紹介してあげると言われているので、いつかお会い出来ればなぁと思っています。
     「若者なんですよね?」とのことですが、私は若者と中年の間の微妙な年頃です (^^;
     今後ともよろしくお願い致します。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy