胸部X線診断に自信がつく本

By , 2013年1月28日 9:00 AM

胸部X線診断に自信がつく本 (群義明著、カイ書林)」を読み終えました。

本書は 講義と実際の読影を繰り返す形式になっています。

講義はレベルが高く、非常によく纏まっていて勉強になりました。この部分を読むだけでも、本書を購入する価値があると思います。一方で、読影の方は、簡単過ぎて講義とのギャップが大きすぎました。「講義を読んで初めて異常所見を拾えるようになった」とかだと満足感がありますが、講義部分が読影部分にあまり反映されていなかったは残念でした。


Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy