続・抗NT5C1A抗体

By , 2015年4月27日 4:36 AM

Journal of Neurology, Neurosurgery, Psychiatry誌 (JNNP) の新着論文をチェックしていたら、偶然 2015年4月26日のブログで紹介した抗 NT5C1A抗体に関する論文が報告されているのを見つけました (2015年4月9日 online published)。

Seropositivity for NT5c1A antibody in sporadic inclusion body myositis predicts more severe motor, bulbar and respiratory involvement

・封入体筋炎患者 25人中 18名 (72%) で抗 NT5C1A抗体陽性だった。

・女性の方が抗体陽性率が高かった (OR=2.30)。

・抗体陽性の方が立ち上がるのに時間を要し、歩行器や車椅子を必要としやすかった。

・抗体陽性の方が嚥下障害が多く、努力性肺活量が減少していた。

・顔面筋力低下は抗体陽性の方が頻度が高かった (50% v.s. 14%)

余談ですが、JNNPも勤務先で契約していないため JAMA neurologyに引き続いて個人契約が必要になったんですよね・・・。引越し費用、家具代、電化製品代 (洗濯機、エアコン)、ピアノ搬送代等々で、4月分のカード請求額が 967,889円だった私にとって、痛い出費です。クイーンサイズのベッドが余計な出費だったか・・・。


Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy