3連休と浅虫水族館

By , 2016年8月10日 6:42 AM

2016年7月16-18日の三連休は、JR東日本の三連休パスを使って、有意義に過ごすことができました。私にとって初の青森でした。

7月16日(土)

秋田県に行って、当直でした。夜間は急患 20人弱。救急車 5台ほどで、ほぼ一睡もできずでした。連休の初日とあってか、急性アルコール中毒や酔っぱらいの喧嘩による外傷など、飲酒関連が散見されました。お酒はほどほどに。

7月17日(日)

病院でシャワーを浴びて、電車に乗りました。まず、奥羽本線で東能代駅に行き、15時12分発のリゾートしらかみに乗りました。東能代駅を出て、しばらくしてから海沿いの区間は景色が綺麗でしたが、あとは普通の風景でした。景色の綺麗なところで途中下車する時間的余裕があるとよかったですね。あと、新しいハイブリッド車両だと車内が楽しめたのですが、旧式の車両だったのは、下調べが足りませんでした。

18時31分に弘前駅に到着し、この日は、ホテルルートイン弘前にチェックインしました。飲みに出かけたのは駅前のわいわいという店で、郷土料理で有名なホタテとイカのメンチとか、ホタテ貝味噌焼とか、けの汁などを頼みました。刺身もおいしかったです。日本酒は、華一風、梅村屋純米吟醸、田酒純米大吟醸古城乃錦、豊杯純米吟醸を飲みました。

7月18日(月)

10時58分発の奥羽本線で弘前駅から青森駅に移動しました。続いて、12時4分青森駅発の青い森鉄道で浅虫温泉 12時24分着。徒歩 10分少々のところにある浅虫水族館に行きました。ここは本州最北端の水族館なのです。

浅虫水族館

浅虫水族館は、入ってすぐにサメの水槽があり、また陸奥の海の展示がありました。1階は通常の展示の他に海獣館があり、また 2階には淡水に住む魚の展示やイルカ館がありました。イルカ館では、2匹のイルカが展示されており、イルカたちはボールで遊んでいました。建物自体はそれほど広くなく、1時間くらいで見て回ることができるのですが、「イルカの芸」「イルカの食事」「アザラシの食事」など時間をずらしてイベントをしており、飽きることなく楽しむことができました。惜しかったのは食堂です。置いてあるメニューがラーメンなどであり、せっかく海が近いのだし、海の幸を楽しめるようにしていたら、収益がアップするのにと思いました。

温泉に入ったりゆっくりしたいところでもありましたが、15時29分、浅虫温泉駅から青い森鉄道で八戸駅へ移動しました。八戸駅は  16時41分着。17時15分発の八戸線で本八戸駅に行きました。そこで、八戸市民病院で勤務する知人と合流して観光に連れて行ってもらいました。

まず行ったのが館鼻公園です。ここには、1886年に流行したコレラで亡くなった方たちを供養する碑が、展望台の近くにありました。また、展望台からは「天狗」の看板のある店が見えましたが、東日本大震災の津波では、その店まで海につかったそうです。

それから、津波に浸かったという道路を通りました。Youtubeで有名な動画があると聞きましたが、どれかはわかりませんでした。

次は蕪嶋神社。ウミネコの繁殖地として有名な神社です。おびただしい数のウミネコがいました。神社に登っていく階段には、傘が置いてありました。糞をかぶらないですむように使うそうです。

その後、駅前の松膳という店で、B級グルメとして有名なせんべい汁を頂きました。田酒や豊盃を始め、美味しい地酒が揃っていました。食事をしてから、20時12分八戸駅発の新幹線で帰りました。


Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy