Category: 音楽

トーマス・ツェートマイヤー

By , 2014年10月18日 11:20 PM

24のカプリース全曲演奏会に行ってきました。

トーマス・ツェートマイヤー

24のカプリース (ニコロ・パガニーニ)

2014年10月17日 19:00開演 トッパンホール

パガニーニ作曲、24のカプリスは、ヴァイオリン無伴奏曲の頂点の一つです。バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ・パルティータを旧約聖書、パガニーニのカプリスを新約聖書と呼ぶ人がいるくらいです。特に第 24番の主題は、リスト、ブラームス、ラフマニノフらがパガニーニの名前を冠した曲に用いたことで非常に有名です。

非常に技巧的な曲であるため、24曲が一度に演奏されることはあまりありません。ツェートマイヤーにとって、かなりのチャレンジだったと思います。

演奏を聴いて、ツェートマイヤーがこの曲集を完全に自分のものにしていることが伝わってきました。他の演奏家に真似できない個性がありました。

また、素晴らしいと思ったのがボウイング技術です。例えば、第5番の中間部は 16分音符 4個が一単位ですが、楽譜には最初の 3個をダウンボウで、最後の 1個をアップボウで弾くように書いてあります。ところが、そのように弾いている演奏家はほとんどいません。例外的にマルコフが一部そう弾いているのを Youtubeで見ることができます (この動画の 40秒くらい) が、それでも途中からは奏法を変えています。ツェートマイヤーは楽譜の指示通り完璧に弾いていました。

残念だったのは音程です。かなり不安定でした。一曲を通じて調性感のある安定した音程で弾けていたのは、第5, 7, 17, 18, 19 番などくらいで、あとはどこかしか気になりました。まぁ、それでも聴かせてしまうのは凄いんですが (^^;

アンコールは、下記。

ツィンマーマン:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第1楽章

イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ニ短調 Op.27-3 《バラード》

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第3番 BWV1005より 第4楽章

現代作曲家ツィンマーマンの曲は初めて聴きました。難曲ですが、完璧な演奏でした。

・B. A. Zimmermann “Sonata for Violin” Part 1/2 played by Rachel Field

(参考)

Paganiniの手

カプリス5番

カプリス

 


『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』

By , 2014年10月17日 6:11 AM

映画「『アルゲリッチ 私こそ、音楽』」を見ました。

アルゲリッチ 私こそ、音楽!』

ピアノの巨匠マルタ・アルゲリッチの娘ステファニーが撮りためた、母親の映像を豊富につかったドキュメンタリー映画です。

ベッドでくつろいでいるシーン、起き抜けの顔、コンサート前に楽屋で「弾きたくない」とダダをこねているシーンなど、ほとんどがプライベート映像で占められています。

マルタ・アルゲリッチ自身が “音楽” に言及した部分はそれほど多くなく、「老いへの不安」や「家族の絆」という内面的な描写が多かったです。

マルタ・アルゲリッチは元夫シャルル・デュトアと離婚しているため、ステファニーの戸籍の父親の欄は「不明」となっています。ステファニーが父親に認知してもらおうとして役所に交渉したとき、スイス大使館がデュトアの結婚歴証明証を紛失していることが判明し、認知できないとわかったシーンはグッときました。

巨匠マルタ・アルゲリッチの素顔に興味がある方には、楽しめるドキュメンタリーだと思います。


テツラフ・カルテット

By , 2014年10月12日 11:00 AM

久しぶりにカルチャーショックを受けました。

クァルテットの饗宴 2014

モーツァルト:弦楽四重奏曲 第 15番 ニ短調 K421

ヴィトマン:弦楽四重奏曲 第 3番 「狩りの四重奏曲」

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第 15番 イ短調 Op.132

テツラフ・カルテット:クリスティアン・テツラフ (Vn), エリザベート・クッフェラート (Vn), ハンナ・ヴァインマイスター (Va), ターニャ・テツラフ (Vc)

2014年10月7日 (火) 午後 7時 紀尾井ホール

一曲目は、物悲しいながら凛とした雰囲気があり、私が大好きな曲です。自分でもたまに弾きます。どんな曲かは、下記のハーゲン弦楽四重奏団による演奏を聴いてみてください。

・[The Hagen Quartet] W. A. Mozart – String Quartet No. 15 in D minor K. 421

テツラフ・カルテットはノン・ヴィブラートを多用していたのが印象的でした。ヴィブラートをかけない独特の音色が続く中、小さくビブラートを入れるだけで凄く変化がついて曲の表情を豊かにしていました。ボウイングも古楽器奏法を意識したものでした。

二曲目は初めて聴く現代曲。弓をヒュッと振り下ろす音で始まった後、単純な旋律が繰り返されます。その旋律は、このコンサートのプログラムの解説を見ると、シューマンの<パピヨン>終曲冒頭とのことでした。旋律はどんどん崩れていきますが、最後までリズムは比較的しっかりと保たれます。雄叫びを挙げたり、様々な特殊奏法が披露されたり、飽きない曲です。私は少し苦手でしたが・・・。

三曲目は、私が最も好きな弦楽四重奏曲の一つです。このブログでも何度か取り上げました。第三楽章に「リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」と記してあったり (下記動画に写っている楽譜参照)、最終楽章がもともと第九の第四楽章に用いられる予定だったり、過去の自曲を使いまわした箇所があったり・・・聴きどころ満点です。
テツラフ・カルテットは、ヴィブラートを最低限にまで抑えて演奏していましたが、それにより生み出される空気が本当に綺麗で、何度も鳥肌が立ちました。特に第三楽章は、聴いていて少し涙ぐんでしまいました。

・Beethoven, String Quartet No.15, Op.132 [3/4]

アンコールはハイドン作曲弦楽四重奏曲第 33番 Op. 20-3 ト短調よりメヌエット。

彼らが来日する機会があれば、是非また聴きに行きたいと思います。


ホグウッド

By , 2014年9月25日 11:26 PM

私が大好きな指揮者クリストファー・ホグウッドが亡くなったそうです。彼との出会いは、15年以上前のモーツァルト交響曲全集の録音でした。その後、モーツァルトのクラリネット五重奏曲ベートーヴェンの全集の斬新な解釈に感動したり・・・。3年前の第九を初めて生で聴いたのが最後になりました。合掌です。

We regret to announce the death of Christopher Hogwood on 24 September 2014

September 24, 2014

Following an illness lasting several months, Christopher died peacefully on Wednesday 24 September, a fortnight after his 73rd birthday. He was at home in Cambridge, with family present. The funeral will be private, with a memorial service to be held at a later date.

 

・Mozart Symphony No.41, K.551 Jupiter 4th Mov. Hogwood AAM

・hogwood/Brandenburg Concerto No. 5, BWV 1050a-1

・Mozart-Requiem I Introitus_ Requiem aeternam Hogwood


題名のない音楽会

By , 2014年9月6日 8:47 PM

2014年7月19日のブログで、出光音楽賞受賞者ガラ・コンサートについて書きました。

出光音楽賞

そのコンサートの模様が、9月7日午前9時からの「題名のない音楽会」で放送されます。

かつて聴いた生演奏がテレビではどう聴こえるか、比較できる機会で楽しみです。何度でも聴けるように、録画しておこうと思います。素晴らしい演奏でしたので、皆様も、是非御覧ください。

題名のない音楽会


メンコン

By , 2014年8月30日 6:46 AM

成田達輝氏が演奏するメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の第 1楽章が、テレビユニマンチャンネルで視聴可能になりました。

私がこの曲をさらった時、昔の巨匠達の演奏する CDを中心に 20枚くらい買って聴き比べたものでした。成田氏の演奏は、ややゆっくりめのテンポ設定で、気高さの中に漂う切なさを感じさせる演奏です。表現が豊かで、聴いていて面白いです。下記リンクから是非どうぞ。

テレビマンユニオンチャンネル

ヴァイオリン:成田達輝
指揮:山田和樹
日本フィルハーモニー交響楽団
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調


出光音楽賞

By , 2014年7月19日 7:35 PM

ヴァイオリニストの成田達輝さんが出光音楽賞を受賞しました。受賞者ガラコンサートおよび授賞式に招待してくださったので、行ってきました。

第24回出光音楽賞 受賞者ガラコンサート

挾間美帆 (作曲・編曲・ピアノ): Suite “Space in Senses” より「Pentagram」「Interlude」「Puzzle」

-休憩-

小林美樹 (ヴァイオリン):コルンゴルト ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35 全楽章

成田達輝 (ヴァイオリン):シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47より第 1楽章, 第 3楽章

2014年7月10日 (木) 午後 6時 45分開演

東京オペラシティーコンサートホール

その日は、私はさいたまで講演でした。17時30分から約束の 1時間きっかり喋って、18時30分に会場を出ようと思ったら、まさかの質問攻め。10分ほど足止めを食らうはめになりました。会場に着いたのは、19時40分くらいで、ちょうど 1曲目が終わった休憩時間でした。せっかく御招待頂いたのに演奏が聴けなかったらどうしようかとヒヤヒヤしたものですが、なんとか滑りこむことができました。

成田氏が「雪の中を鷹が飛んでいる」と解説した冒頭は、情景が目に浮かぶようでした。途中の技巧的なパッセージは、困難さを全く感じさせず、エレガントでした。最も印象に残ったのは、一楽章のカデンツァの美しさでした。うっとりと聴き入りました。

演奏の素晴らしさを言葉で表現するのは難しいですが、この演奏会は 2014年9月7日午前9時から、テレビ朝日系「題名のない音楽会」で放送される予定です。是非御覧ください。

成田氏がインタビューで「尊敬する」と評していたヴァイオリニスト Kavakosの動画を Youtubeで見つけたので紹介しておきます。

・Leonidas Kavakos Sibelius violin concerto

演奏会が終わってからは、東京オペラシティ スカイバンケット フォルトナーレで開かれたレセプションに参加しました。立食パーティーで、テレビで御馴染みの池辺晋一郎氏と少し話す時間がありました。あと、某女子アナウンサーがすぐ近くにいましたが、こちらは話しかける機会はありませんでした (´・ω・`)

レセプション後に成田氏ら飲みに行く予定を立てていたものの、この日は大型の台風が近づいていたので、まっすぐ帰りました。


ロリン・マゼール

By , 2014年7月15日 6:02 AM

名指揮者 ロリン・マゼールが、2014年7月13日に 84歳で肺炎で亡くなりました。

Maestro Lorin Maazel – 1930-2014

ヴァイオリニストとしても素晴らしい演奏をしたマゼール。わずかですが、ヴァイオリン演奏の映像も残されています。艶やかな音が印象的です。

・LOREN MAAZEL ~ Mozart Violin Concerto K.216 ~ 1st. Movement

指揮者としての名声は、クラシックファンとして知らない人はいないでしょう。特に彼の指揮するブラームスは色っぽさがあって、私は大好きです。フランクフルトで彼の指揮するブラームスを聴いたのが懐かしい思い出です。

昨夜は、マゼールの DVDを聴きながら、追悼しました。ご冥福をお祈りします。


萩原麻未ピアノ・リサイタル

By , 2014年7月6日 9:53 PM

知り合いの萩原麻未さんのリサイタルに行ってきました。

萩原麻未ピアノ・リサイタル

2014年6月27日(金) 午後7時 紀尾井ホール

フォーレ:ノクターン第1番 変ホ短調 Op.33-1, ノクターン第4番 変ホ長調 Op.36

ドビュッシー:ベルガマスク組曲 1. 前奏曲, 2. メヌエット, 3. 月の光, 4. パスピエ

ドビュッシー:喜びの島

ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ, ラ・ヴァルス

ジェフスキ:ウィンズボロ・コットン・ブルース

萩原麻未さんは、ジュネーヴ国際コンクールのピアノ部門で日本人初の優勝を飾ったピアニストです。成田達輝さんとの競演で聴いたことはありましたが、ソロで聴くのは今回が初めてでした。

プログラムはフランスものが中心。ドビュッシーの「月の光」はたまに聴く機会がありますが、ベルガマスク組曲として全曲聴くことができる演奏会はなかなか貴重ですね。

最後のジェフスキは大変な難曲。萩原麻未さんは完璧に弾きこなしていました。どれほどの難曲か、別の演奏家の動画を参考に貼っておきます。この曲は、両手を総動員するだけじゃなく、肘まで使います。

・Roger Wright plays Rzewski’s Winnsboro Cotton Mill Blues

アンコールはドビュッシーの亜麻色の髪の乙女でした。

「ラ・ヴァルス」や「ウィンズボロ・コットン・ブルース」のようにテクニカルな曲を完璧に弾きこなし、一方で「月の光」や「亜麻色の髪の乙女」のような小品で幻想的な雰囲気を作り上げ、聴きながらさすが世界的なピアニストだと思いました。この日聴いたどの曲も、素晴らしい演奏でした。

演奏会が終わってから、萩原麻未さんや知人数名で行きつけの Barに行き、少し語って帰りました。Barで私が、「どうして技巧的な難易度の高い曲でプログラムを組むのですか?こんなに大変そうな曲を弾かなくても、綺麗な曲を美しく弾く技術があるのだから、そうした方が楽なのに」と聞いたら、「甘えが出るから」と仰っていました。こうしたメンタリティーがあるからこそ、世界のトップレベルに達することができたのかもしれませんね。


イザベル・ファウスト

By , 2014年7月3日 7:45 AM

2014年6月26日、イザベル・ファウスト&アレクサンドル・メルニコフのコンサートを聴きに行ってきました。ファウストの演奏は、半年前にバッハを聴いて以来でした。

都民劇場音楽サークル 第618回定期公演

2014年6月26日 (木) 19時開演

東京芸術劇場

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第29番 イ長調 K.305 (293d)

シューベルト:幻想曲 ハ長調 作品 159 D. 934

シューマン:3つのロマンス 作品94

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第 3番 ニ短調 作品 108

<ヴァイオリン>イザベル・ファウスト, <ピアノ>アレクサンダー・メルニコフ

開演直前にハプニング。2階席から舞台にチラシの束を落としてしまう客がいました。演奏中にチラシで音を立てる客を含め、コンサート時のチラシの扱いは本当に何とかして欲しいです。

さて、肝心のコンサート内容。

一曲目の、ビリオド奏法を取り入れたモーツァルトは珠玉の演奏でした。特に 2楽章の絶妙な即興には、二人のセンスを感じました。 本当に優れた演奏家によるモーツァルトは、舞台上の空気が全然違います。

シューベルトは、器楽曲にも関わらず歌曲のように優しく歌われ、この曲の新しい解釈を知りました。私はこの曲は Odnoposoff/Mrazekの録音を好んで聴いてましたが、コンサート会場でファウストとメルニコフの CDを買って以来、そちらばかり聴くようになりました。コンサートで彼らの演奏を聴くことができない方には、是非彼らの CDでその美しさを感じて欲しいです。

シューマンは、ヴィブラートを抑えた演奏。感情をベタベタと貼り付けず、理性的な素晴らしい演奏でした。

ブラームスもシューマンと似たようなアプローチ。確かに美しかったのですが、こちらはもう少し情熱的な方が私の好みでした。

アンコールは、FAEのソナタから第2, 3楽章でした。

ファウストの演奏会はいつも外れがなく、彼女がヨーロッパで非常に評価されている理由がよくわかります。また彼女の来日の際には、是非聴きに行きたいです。


Panorama Theme by Themocracy