旅行前夜

By , 2006年8月28日 12:28 AM

いよいよドイツに向かいます。

8月24日は郡山の病院で最後の外来を行いました。研修医時代の指導医が理想としていた、「患者さんが『今日来て良かったな』と思えるような外来」を目指してきましたが、2年間やってみて、なかなか難しいものでした。「医者が目を見て話してくれない」、という苦情が多いことを学生時代授業で習っていたので、出来るだけ、相手と目を合わせるようにというのは意識していましたが・・・。最後の外来に対する患者の反応で最も多かったのが、「せっかく何でも話せるようになったのに、もう変わってしまうの?」というもので、半数以上の人がそう答えていました。残念ですが、システムの問題であり、一介の医師にはどうしようもありません。

8月25日は診療を終えて、猪苗代湖を見に行ってから、19時に郡山を出発しました。夜通し高速を走ったのですが、北陸道から名神に入ろうとして、米原手前で力尽き1時間仮眠をとりました。後はそのまま名神→中国自動車道と抜けて、朝6時に実家に着きました。実家では、2時間くらい寝てから友人と米子に馬券を買いに行きました。その夜は親と飲んで、それから友人と2時半まで麻雀。27日朝は7時前に起きて、免許の更新を行ってから東京に戻りました。

ハードスケジュールでしたが、普段なかなか会えない人たちと会えて懐かしかったです。

最近で一番驚いたこと。ボスから「君のホームページ見ているよ」と言われたこと。エロ本が親に見つかったときのような衝撃でした。


Panorama Theme by Themocracy