多発性硬化症の灰白質病変

By , 2008年10月27日 6:37 AM

最近、ある脱髄疾患の論文を書くために、脱髄疾患関係の論文をいくつか読んでいます。そんな中、面白い論文があったので、紹介です。

 多発性硬化症は白質の病気と考えられてきましたが、灰白質病変の重要性が近年議論されるようになりました。Lancet Neurology誌に Reviewが掲載されていました。引用文献のほぼ全てが最近の論文なのは、最近になって議論されるようになってきた概念だからでしょうね。これから注目される分野だと思います。

Continue reading '多発性硬化症の灰白質病変'»

Visits: 468 | Today: 0 | Total: 803262

Post to Twitter


Panorama Theme by Themocracy