ベルリンフィル

By , 2009年6月19日 7:45 AM

樫本大進さん、ベルリン・フィルのコンサートマスターに内定

6月18日19時42分配信 読売新聞
ドイツ在住のバイオリニスト、樫本大進さん(30)が、世界トップクラスのオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター(第1バイオリンの首席奏者)に内定したことが18日、明らかになった。

近く契約を結び、正式に発表される見通し。樫本さんは9月から一定期間の試用を経た後、楽団員の3分の2以上の賛同を得られれば、正式に就任する。

ベルリン・フィルには3人のコンサートマスターがおり、安永徹さん(57)が1983年から今年3月に退団するまで、そのうちの1人を務めていた。同楽団の日本人はほかにもビオラ首席奏者の清水直子さん、バイオリン奏者の町田琴和さんがいる。

樫本さんはロンドン生まれ。3歳からバイオリンを始め、ドイツ・リューベック音楽院に入学してザハール・ブロン氏に師事した。1996年にロン・ティボー国際音楽コンクールなどで優勝し、ドイツを拠点にヨーロッパ、アジアでソリストとして活躍している。

樫本大進さんの演奏会には私も何回か行ったことがありますが、正確なテクニックと豊かな表現力、音の柔らかさが魅力です。

彼を知る演奏家は、皆彼の性格の良さを挙げます。誰からも好かれる人柄であるようです。これはコンサートマスターをする上では絶対の条件です。彼ならば適任なのではないでしょうか。

最近の楽曲には、コンサートマスター(コンマス)のソロ・パートが多いのですが、彼の技量があれば、聞かせ所として観客を魅了できるでしょう。

それにしても、天下のベルリン・フィルのコンマスとは凄いですね。応援しています。


マイナビ女子オープン

By , 2009年6月19日 7:26 AM

以前、出産で日程が変更になった女流タイトル戦についてお伝えしました。その対局が、6月 18日に行われました。

マイナビ女子オープン 矢内理絵子女王-岩根忍女流二段

割と直線的な将棋になりました。岩根忍二段が優勢と解説されましたが、徐々に差が縮まり、矢内理絵子女王の逆転勝ち。岩根二段は出産後の対局を白星で飾れず残念でした。とはいっても、ブランクを感じさせない対局でした。

マイナビ女子オープンといえば、昨年のある対局を思い出します。

竹部さゆり三段−野田澤彩乃1級

18手目に後手5四歩とうっかり。金をタダで取られた上、龍まで作られてしまいました。まるで、自分の将棋を見ているかのようでした。タイトル戦でこんなポカが発生するとは・・・。本人にはトラウマになりそうです。


Panorama Theme by Themocracy