モーツァルト未発表曲続報

By , 2009年8月4日 5:45 AM

8月 1日にモーツァルト未発表曲についてお伝えしましたが、初披露の様子が報道されました。

Continue reading 'モーツァルト未発表曲続報'»


発熱

By , 2009年8月3日 6:49 AM

8月 1日当直中に、何か寒気がして救急外来へ。体温を測ると 38℃ちょっとありました。
その他の症状は、2-3回の下痢と、関節痛と咳。何らかのウイルス感染として典型的な症状です。
まさか、新型インフルエンザじゃないだろうなぁ・・・。
「○○大学医師、新型インフルエンザ」「医師から院内感染」という記事の大きな見出しが瞼に浮かびました。
恐る恐るインフルエンザ検査を受けると、陰性でした。
ほっと一安心。私がインフルエンザで仕事を休むと、今週 3つの病院で外来に穴が空いてしまいます。
まだ少し熱はあるのですが、仕事には行けそうです。


(2010.1.9追記)
Pandemic fluに対するキットの感度は低いこと (10-70%)、多くの患者と接触しながらその後発症しなかったことから、このときの発熱は、Pandemic fluだったものと思います。


モーツァルト未発表曲

By , 2009年8月1日 7:16 AM

 モーツァルトの未発表2作品発見 初期のピアノ曲

2009年7月25日8時1分

【ウィーン=玉川透】オーストリア・ザルツブルクの国際モーツァルテウム財団は23日、モーツァルト(1756~91)が若き日に手がけたとみられる未発表作品2点が新たに見つかったと明らかにした。

地元放送局ORFなどによると、いずれもピアノ曲で、これまで財団で長く所蔵されていた楽譜だという。財団調査部門が鑑定した結果、モーツァルトの初期の作品であると結論づけた。作品の詳細については明らかにしておらず、来月2日にザルツブルクで開く記者会見で実際に演奏、お披露目するという。

ザルツブルクで生まれ育ったモーツァルトは、幼くしてピアノを弾きこなし、5歳で作曲を始めるなど「神童」として名をはせた。35歳でウィーンで没するまで、オペラや交響曲など600曲以上の作品を残したとされる。

財団は、モーツァルト作品や遺産の保全などを目的に1880年に設立された。

モーツァルトが若き日に作曲した楽譜が新たに見つかったそうです。

モーツァルトは 35歳で生涯を終えているので、いつだって若き日じゃないかという揚げ足取りはともかく、おそらく初期~中期の作品と思います。

いよいよ明日お披露目であるそうです。誰が演奏するのか気になるところです。

折しもザルツブルグでは、7月 25日からザルツブルグ音楽祭が行われています。モーツァルト愛好家達が歓喜する光景が目に浮かぶようです。

我々が耳にすることができるのはいつになるでしょうか?


Panorama Theme by Themocracy