肺炎球菌ワクチン

By , 2009年10月18日 10:36 PM

昔、ちらりと「肺炎球菌ワクチンを海外では複数回打てる」という話を紹介しました。

日本でも、ついに打てるようになったそうです。下記の岩田健太郎先生のブログで知りました。ワクチン行政も、一歩前進ですね。

楽園はこちら側 -やったぜ!-

岩田先生のブログでも紹介されている記事を、引用しておきます。

 肺炎球菌ワクチンの再接種認める…厚労省

厚生労働省は18日、肺炎の重症化を予防する肺炎球菌ワクチンについて、1回目の接種から5年程度経ていれば再接種を認めることを決めた。

新型インフルエンザに感染した65歳以上の高齢者が重篤な肺炎を併発することを防ぐ効果も期待される。

同ワクチンは従来、再接種すると強い副作用が出るとして、接種は一生に1度とされていた。だが、同ワクチンの効果は5年以上たつと低下する。海外などで4年以上の間隔を置けば、再接種は問題ないとの報告が出され、現在では欧米の多くの国で再接種が認められている。

この日開かれた同省の薬事・食品衛生審議会安全対策調査会は、5年を目安に一定の間隔があれば、医師の判断で再接種を認めることで合意。同省はインフルエンザワクチンとの同時接種も認めた。

(2009年10月18日21時13分 読売新聞)

Visits: 17 | Today: 0 | Total: 199377

Post to Twitter


フィアンセ

By , 2009年10月18日 10:35 AM

昨日は「はりやこいしかわ」先生の家に招かれて、奥様の手料理を頂きました。コンビニ弁当が続く毎日の中、久々の手料理で、堪能させて頂きました。酒も進み、午前1時過ぎまで飲んでいました。おかげで今日は二日酔です (^^;

「はりやこいしかわ」先生の娘さんとも対面し、最初は警戒されていたものの、最後は落とすのに(?)成功しました。私が持っていったぬいぐるみも気に入って貰えたようでした。

娘さんは 生後 9ヶ月なので、Babinski反射をとってみると、確かに少し出ました。御約束ですけどね。

年の差プロポーズの石田純一のように、あと 20年くらいしたら貰いにいくかもしれないと「はりやこしかわ」先生に話すと、「ベルリンの壁が・・・」とブツブツいいながら、嫌な顔をしていました。2年前まで一緒に深夜の飲屋街を飲み歩いていたのに、今やすっかり父親という感じでした。

 壁はいつか崩れる」石田純一、理子パパ“攻略”に自信

タレントの石田純一(55)が14日、都内で行われた「Happy OL~OL生活向上委員会~」プロジェクト発足記念お披露目イベントに登場した。

「Happy OL~OL生活向上委員会~」はOL専用をうたったコミュニティサイト。プロゴルファーの東尾理子(33)と婚約し、幸せの絶頂にある石田はイベントに詰め掛けたOLへ「自分が一番大切だけど、その自分のことを忘れてしまうくらい人を好きになって欲しい」と、独自の恋愛観を説いた。

東尾の父・修氏が先日「(結婚に関して)最後のベルリンの壁は越えてませんけど」と発言したことを受けて、石田は「ベルリンの壁というからには、いつかは崩れる」と自信を見せていた。

石田純一(いしだ・じゅんいち)
生年月日:1954年1月14日 出身:東京 血液型:A型
タレント名鑑 関連ニュース 関連フォト
[ 2009年10月14日 15:42 ]


Visits: 7 | Today: 0 | Total: 199377

Post to Twitter


Panorama Theme by Themocracy