論文捏造疑惑

By , 2011年4月20日 8:08 AM

獨協医科大学内分泌代謝内科の論文不正疑惑について追及したブログがあります。

この問題について、同大学の小鷹昌明神経内科準教授がコメントされています。小鷹教授は Guillain-Barre症候群など末梢神経の免疫疾患での世界的権威です。

良いとか悪いとかのみの問題ではなく、もっと深いところに根がある問題だというのが、文章からわかります。サイエンスに関わる人間には、是非読んでみて頂きたいと思います。

論文捏造疑惑


Panorama Theme by Themocracy