アスピリン

By , 2011年6月25日 9:47 AM

アスピリンは父親のリウマチの痛みを軽減させるために、Felix Hoffmannが見つけたそうです。父親のために開発したというのは初めて知りました。

 How Was Aspirin Invented?

In 1894,a German chemist named Felix Hoffman was looking for a way to treat his father’s arthritis pain. Along with a researcher named Arthur Eichengrün, he came across Gerhardt’s experiments, and replicated them, creating acetylsalicylic acid, or aspirin. This was the first drug that was not an exact copy of something found in nature, but synthesized in a laboratory. This synthetic drug was the start of the pharmaceutical industry.

Hoffman gave some of the as-yet unnamed aspirin to his arthritic father, who experienced a reduction in pain. Bayer decided to patent and market aspirin, along with another drug that Hoffman had synthesized, heroin.

一方で、彼がヘロインも合成していたことにびっくり。まぁ、コカ・コーラの起源もコカイン入りの薬用酒だったみたいようですし、麻薬の害が知られるまでは、色々試行錯誤の歴史があったんですね。

 ザ コカ・コーラ カンパニー

19世紀末期のアメリカでは、医者不足から代替医療・殊に自然療法や万能薬が広く庶民に多く受け入れられ、自然療法医や薬剤師は自らの治療法や薬剤の売り込みに躍起になっていた。

その一方で、1867年に人工的な炭酸水の製造法が発明されると、当時は何らかの効能があると思われていた炭酸水を客の注文に応じて調合して飲ませるソーダ・ファウンテンが薬局に併設されるようになった。こうして売り出された炭酸水には、当然薬効を謳うものも多く万能薬同様に売り込み競争が激しかった。

そんな自然療法家の一人に、ジョージア州アトランタを拠点に活動するジョン・S・ペンバートン (John S. Pemberton) がいた。南北戦争で負傷したペンバートンはモルヒネ中毒になっており、中毒を治すものとして当初注目され始めたコカインを使った薬用酒の開発を思いついた。この種の薬用酒には既に類似品が多く出回っていたので、ペンバートンは、ワインにコカインとコーラのエキスを調合したフレンチ・ワイン・コカを精力増強や頭痛の緩和に効果のある薬用酒として1885年から売り出した[1]。

フレンチ・ワイン・コカは「ドープ(dope=麻薬)」と言う渾名で人気を博したが、やがてコカインの中毒が問題となるとともに、禁酒運動の席巻によりフレンチ・ワイン・コカが売れなくなる恐れが出てきた。そこでワインに代えて炭酸水の風味付けのシロップとして売り出すことにして、ペンバートンのビジネスに参加した印刷業者のフランク・M・ロビンソンによってコカ・コーラと名づけられた。このコーラは1886年5月8日に発売されている[2]。


Visits: 33 | Today: 0 | Total: 382358

Post to Twitter


Panorama Theme by Themocracy