頭内爆発音症候群 (exploding head syndrome)

By , 2015年3月23日 5:47 PM

仕事の合間に、図書館で国内の医学雑誌をパラパラ眺めていたら、2010年1月号の Brain Nerve誌に、面白い症例報告が載っていました。その名も、「頭内爆発音症候群」。「夜間、うとうとしている際に頭の中で急激な爆発音を感じるもしくは頭蓋内で爆発が起こった感覚を持つという病態」なのだそうです。非常に稀らしく、病因は不明であるものの片頭痛との関連が示唆されているそうです。世の中には、まだまだ知らない病気がたくさんあるんだなぁ・・・と思った次第でした。

以下、診断基準を引用。

Diagnostic criteria of exploding head syndrome ICSD, 2nd edition (AASM)

A. The patient complains of a sudden loud noise or sense of explosion in the head either at wake-sleep transition or upon waking during the night.

B. The experience is not associated with significant pain complaints.

C. The patient rouses immediately after the event, usually with a sense of fright.

Note: In a minority of cases, a flash light or myoclonic-jerk may accompany the event.


Panorama Theme by Themocracy