By , 2006年4月26日 11:10 PM

病院の周りもやっと桜が満開となりました。一方で、病院近くの山にはまだ雪が残っており、4月一杯は近くのスキー場も営業しています。雪中梅というのは聞きますが、雪と桜というのは最高に贅沢ですね。

昨日は部活の勧誘で、池袋で飲んできました。今の病院は、月に1日好きな日を休ませて貰えるので、昨日の午後と、今日の午前で計1日の休みを取って、参加することが出来ました。ふと考えると、相手は自分より11歳も年下。知らないうちに歳をとっていくものだと感じました。彼らが医師になるころには、日本の医療はどうなっているのでしょうか?

医局の人事異動は特に4月に多く、私の身の回りにもいろいろと動きがありました。大学の医師というのは、一所にとどまることのない仕事だとつくづく思います。外来の患者さんから「先生にずっと見て欲しいのに」などと言われると、心が痛みます。

嬉しかったことといえば、知り合いに私が書いた論文を読んだといわれたことです。特に書いたことを誰にも伝えていなかったのですが、たまたま読む機会があったようです。


炭坑のカナリア

By , 2006年4月2日 6:08 PM

3月29日から3月31日までは猛吹雪が続き、さすがに4月も近いというので、ノーマルタイアに換えていた人達は大変だったようです。一方で、テレビでは東京の桜の風景が報道されていて、地域の差というものを感じさせられました。新幹線だと1時間半くらいなのですが・・・。

さて、今日は少し深刻な話。先日、「極めて稀な症例」に、「最善を尽くしたにせよ救命できなかった」、ある産科医が逮捕されました。産科医療の崩壊しつつある僻地(日本の9割以上の地域では既に崩壊が始まっていますが)において、地域の医療を支え、年間200件以上の出産(24時間いつ産まれるかわからない)を一人でとりあげていた医師でした。症例自体は極めて稀で、同様の症例を経験した医師達も、救命できるかどうか自信はないと言います。学会や各地の医師会は、医療行為自体に過誤はなかったと声明を出していますが、加藤医師は刑事事件として逮捕されました。

通常通り病院に勤務している医師が、ましてや身重の妻がいて、逃亡の危険も何もありませんが、逃亡を防ぐという名分のもと逮捕されるというのも、ある意味見せしめな気がします。マスコミでは、「医療事故」として扱っていますが、加藤医師の過失が証明できなさそうであるという雰囲気になると、急にトーンダウンしています。これから刑事事件として審議が始まるでしょう。無罪となる可能性が高いとは思いますが、無罪になったとしても、彼は医師生命を社会的に絶たれます。そのことで誰も責任をとりません。報道でのタイトルも、「医療事故」「医療ミス」と既に過失を認めたかのようなタイトルをつけられています。

「産科に進まなくて良かった」と思う反面、今後は誰が(世界一優秀な治療成績を残しているとされる)日本の産科を救うのか、無責任ながら感じます。せめて、このサイトを見ている人達には客観的な目で見て欲しいと思うし、「患者」対「医師」の構図を作り上げ、大衆である「患者」の耳に心地よい報道を繰り返すマスコミに少しでも疑問を持ってもらわないと、日本の医療は知らないうちにむしばまれていくのではないかと思っています。


Panorama Theme by Themocracy