科学

By , 2011年10月25日 10:34 PM

研究所の図書館で、特に目的無く、並んだ雑誌を眺めていることがあります。最近は、震災関連の特集が多いです。例えば、精神科系の雑誌は軒並み「被災者の心のケアをどうするか」を議論しています。

科学系の雑誌を見ていて興味を引いたのが「科学」という、そのままの名前の雑誌。何と、寺田寅彦達が始めた雑誌らしいです。10月号は「東北地方 太平洋沖地震の科学」という特集でした。

科学」のサイトを見ると、無料公開記事があることに気付きました。これが実に興味深いのです。

・記事1:青山道夫・大原利眞・小村和久著「動燃東海事故による放射性セシウムの関東平野への広がり」(『科学』1999年1月号)

動燃は 1997年に事故を起こしていますが、何とその日は 3月 11日。何かの運命を感じます。このときに「セシウム」の拡散が既に議論されています。

・記事2:石橋克彦著「原発震災──破滅を避けるために」(『科学』1997年10月号)

この 1997年の論文を読んで驚愕しました。(原発は違えど)今回の福島の原発事故で起こったことを見事に言い当てていたからです。

 原発震災──破滅を避けるために

津波に関して中部電力は、最大の水位上昇がおこっても敷地の地盤高(海抜6m以上)を越えることはないというが、1605年東海・南海巨大津波地震のような断層運動が併発すれば、それを越える大津波もありうる。

原発にとって大地震が恐ろしいのは、強烈な地震動による個別的な損傷もさることながら、平常時の事故と違って、無数の故障の可能性のいくつもが同時多発することだろう。とくに、ある事故とバックアップ機能の事故の同時発生、たとえば外部電源が止まり、ディーゼル発電機が動かず、バッテリーも機能しないというような事態がおこりかねない。したがって想定外の対処を迫られるが、運転員も大地震で身体的・精神的影響を受けているだろうから、対処しきれなくて一挙に大事故に発展する恐れが強い。このことは、最悪の地震でなくてもあてはまることである。

(略)

そこは切り抜けても、冷却水が失われる多くの可能性があり(事故の実績は多い)、炉心溶融が生じる恐れは強い、そうなると、さらに水蒸気爆発や水素爆発がおこって格納容器や原子炉建屋が破壊される。

これは、まさに我々が 3月以降経験してきたことです。この著者について Wikipediaを調べてさらにビックリ。

 石橋克彦

雑誌『科学』(岩波書店)1997年10月号で論文「原発震災―破滅を避けるために」を発表。大地震によって原子力発電所が炉心溶融事故を起こし、地震災害と放射能汚染の被害が複合的に絡み合う災害を「原発震災」と名付けて警鐘を鳴らした。以後、日本国内における原子力発電所の耐震性を最新の地震学の知見で見直す必要性や、東海地震想定震源域の真上に立地している浜岡原子力発電所の閉鎖、原発依存からの段階的な脱却、高レベル放射性廃棄物の地層処分を、地震が多い日本国内で実施する計画に関する懸念などを一貫して主張し続けている。2001年には国の原子力安全委員会耐震指針検討分科会委員に就任し、『発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針』の改訂に関わったが、改訂案が了承される直前の2006年8月になって、内容を不服として委員を辞任した。「原発震災」への懸念は、2011年の東日本大震災で引き起こされた福島第一原子力発電所事故で現実のものとなった。

彼は、今回の原発事故をどんな思いで見ているでしょうね。


Panorama Theme by Themocracy