運転免許

By , 2009年6月27日 8:10 AM

 運転免許更新時 認知症を検査

警察庁方針

高齢者のドライバーによる深刻な交通事故が目立つことを受け、警察庁は2日、高齢者が運転免許証を更新する際、認知症の有無や認知機能の低下を判定する「簡易検査」を義務付ける方針を明らかにした。

専門医らによる委員会を7日に設置し、今年9月をめどに、効果的な検査法と検査対象年齢の下限などをまとめたいとしている。

認知症は、2002年6月施行の改正道路交通法で、免許の取り消しの要件として規定された。昨年6月末までの3年間に、全国で113人が取り消し・免許停止になった。

このうち、認知症が発覚したきっかけとしては「家族からの相談」が75人と最も多く、「事故処理時」の18人が続いた。また、7人は免許更新申請時の不明確な言動から発覚していた。

全国の運転免許保有者は04年末で、75歳以上が216万人、70~74歳が292万人、65~69歳が420万人に上り、同庁は、年代別の有病率から、このうち30万人程度に認知症の可能性があると試算している。

一方、運転免許の自主返納制度に基づき、04年に運転免許を返納した65歳以上の保有者は1万4000人余りにとどまっており、同庁は、免許更新時に認知症の検査を実施し、自覚のない潜在的な患者を確認する必要があると判断した。

簡易検査は、日付や自分のいる場所など、本人の認識能力や記憶力を確認する程度の内容になる見込み。「認知症の疑い」が判断された時は、専門医の診断に移行する。現行の道交法では、70歳以上の保有者に免許更新時に、高齢者講習の受講を義務付けているが、同庁は「これとは区別して認知症検査の対象年齢を検討したい」としている。

認知症のドライバーによる事故としては、04年2月、新潟市内の農道で、70歳代の男性の軽トラックが出合い頭に乗用車と衝突したケースや、栃木県内で同年7月、60歳代の男性が東北道を逆走して対向車と衝突したケースなどがある。

(2006年2月2日 読売新聞)

2006年に高齢者の免許更新に Dementia (いわゆる認知症) の検査を課すことが検討され、2009年 6月から実際に運用されることになりました。

 記憶で認知症チェック義務付けへ 75歳以上の運転免許更新で

2009.3.26 22:58

6月から75歳以上のドライバーの運転免許更新時に義務づける「認知機能検査」について、警察庁は26日、実施方法案を公表した。生年月日や検査当日の年月日・時刻などを回答させて記憶力などをみる検査を受け、認知症が疑われるドライバーを抽出。うち、過去1年以内に信号無視や一時不停止など15類型の違反を犯したことがある人には、専門医の診察(臨時適性検査)を求める。
現行では、70歳以上の免許更新者は一律、「高齢者講習」を受講することになっているが、新制度では、このうち75歳以上の更新者に対し、講習直前に実施する認知機能検査の受検を義務づける。
認知機能検査は、検査当日の年月日と曜日、時刻を記入する▽あらかじめ示した動物や昆虫、植物など16種類のイラストの名称を記憶し、その後思いだして回答する▽指示した時刻を時計の文字盤に書き入れる-など。
検査結果の正誤を点数化し、総合点を基に「記憶力・判断力が低くなっている」(第1分類)、「記憶力・判断力が少し低くなっている」(第2分類)、「心配ない」(第3分類)に区分。
第1分類該当者のうち、過去1年以内か免許交付後に特定の違反を犯した人に専門医の受診を義務付け、認知症と診断された場合は免許取り消しとなる。
第2分類該当者には、講習時の実地指導で信号無視や一時不停止などが確認される都度、やり直しを求めるなどきめ細かく指導する。
警察庁によると、75歳以上の免許保有者は約283万人(平成19年末現在)。臨時適性検査の受検者は、2000~3000人とみられるという。

高次脳機能を専門とする医師と話したのですが、この「認知機能検査」には大きな問題があるのだそうです。

運転免許更新の際に行う「認知機能検査」は、アルツハイマー病を見つけるために作られています。アルツハイマー病の方が事故を起こす場合、自分がどこにいるのか、どういうルートをとったらいいのかが理解出来なくなって、マゴマゴしておこす自損事故が多いそうです。

一方で、問題となるのが前頭側頭型 Dementia。反社会的な行動が目立つようになり、「我が道を行く」行動をとります。自動車を運転していて問題になるのは、高速道路を逆走する、スピードが守れない・・・などです。道路を逆走して発生する事故の多くは、このタイプの Dementia患者であるといいます。今回の認知機能検査で、これらの患者を見つけることはできません。かといって、初期には知的な能力はかなり保たれますので、適切なスクリーニング検査が存在しないようなのです。

どうやってこの手の事故を防ぐようにするか、今後の課題となってくるのではないかと思いました。

Visits: 17 | Today: 0 | Total: 199374

Post to Twitter


Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy