ACP Japan Chapter 2013

By , 2013年2月22日 8:19 AM

American Collage of Physicians Japan Chapter Annual Meeting 2013に参加申し込みました。私はACP日本支部の会員ではありませんが、素晴らしい講演が目白押しなのと、知り合いの先生が講演されるため、参加することにしました。 


私が申し込んだ講演は下記です。

5月25日 (土)

9:30-11:00 臨床推論ケースカンファレンス~総合内科医の思考プロセスを探る~ 徳田 安春(筑波大学水戸地域医療教育センター・水戸協同病院)

11:30-12:30 「Snap Diagnosis」 須藤 博(大船中央病院)

13:00-14:30 「総合内科が知っておくべき膠原病診療ピットフォール~身体診察から鑑別診断まで~」 高杉 潔(道後温泉病院)・岸本 暢将(聖路加国際病院)萩野 昇(帝京大学)

19:00-20:40 Reception

5月26日 (日)

9:30-11:00 「臨床研究デザインの道標~研究デザイン7つのステップ~」栗田 宜明・福間 真悟(京都大学)

12:30-13:30 「膠原病の検査の見方~乱れ打ちは今日からやめよう!」 岸本 暢将(聖路加国際病院)

時間がかぶったため、泣く泣く諦めた講演もたくさんありました。例えば、「感染症ケース・スタデイ」、「論文の書き方」、「水・電解質を極める」、「一般内科医のためのリンパ腫診断のコツ」、「内科救急の御法度」、「問診」といった講演は、また機会があれば是非聴きたいと思いました。

ネットで簡単に申し込みできますので、 興味のある方は参加してみては如何でしょうか?

 

(参加するまでに、京都での飲み屋さんをチェックおかないと・・・ボソボソ)


Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy