ニューキノロン系抗菌薬と末梢神経障害

By , 2013年8月21日 10:48 PM

ニューキノロン系抗菌薬は広域なスペクトラムを持ち、感染症診療の現場ではかなりよく見かける薬剤です (過剰に使われている感もありますが・・・)。一方で、約 1-4%に見られるという中枢神経症状 (けいれんや精神症状、頭痛、浮動性めまい、意識障害など)、あるいは アキレス腱断裂といった副作用に注意する必要があります。

2013年8月16日の New England Journal of Medicineのニュースに、FDAがニューキノロン系抗菌薬による末梢神経障害を添付文書に記載するように求めていることが掲載されました。どうやら末梢神経障害は、経口薬と注射薬で問題になるようです。

Fluoroquinolone Labels Updated to Reflect Heightened Risk for Peripheral Neuropathy

By Kelly Young

The FDA is requiring that the labels of fluoroquinolone antibiotics warn of the drugs’ increased risk for peripheral neuropathy.

The risk has been observed with oral and injectable fluoroquinolones, but not topical agents. Patients could experience peripheral neuropathy any time during their treatment, and it could persist for months or years or be permanent.

Patients should contact their healthcare providers if they develop symptoms consistent with peripheral neuropathy in the arms and legs, including pain, burning, numbness, or weakness; change in sensation to touch, pain, or temperature; or change in the sense of body position.

Patients who develop these symptoms should stop taking the antibiotic and receive alternative therapies unless the benefit of the fluoroquinolone outweighs the risk.

Link(s):

FDA MedWatch safety alert (Free)

これだけ使われていて、経験ないけどなぁ・・・、どういうタイプの末梢神経障害を起こすのだろうと思って、いくつか論文をチェックしてみました。

まずは Lancet誌に掲載された初期の症例報告。

Peripheral neuropathy associated with fluoroquinolones.

37歳男性が化膿性脊椎炎のため pefloxacinで治療を受けた。Pefloxacinでの治療開始 5ヶ月に両下肢に手袋靴下型の錯感覚が出現し、続いて右下肢の筋力低下と歩行障害が出現した。総腓骨神経の神経伝導速度は 43 m/sだった。筋電図では前脛骨筋と長腓骨筋に脱神経電位と多相性運動単位電位を認めた。男性には Hodgikin病のため vincristine total 18 mgを含む、化学療法、放射線治療の既往があった。その他に末梢神経障害を起こしうる疾患はなかった。Pefloxacinを中止して 10日以内に末梢神経障害は著明に改善した。6ヶ月後に化膿性脊椎炎が再発したため、ofloxacinを開始したところ、15日以内に末梢神経障害が再発し、中止後 7日以内に改善した。Flucloxacillinは胃腸症状によりコンプライアンスが不良だったためか化膿性脊椎炎が再発したので、peflxacinを再投与したところ、15日以内に末梢神経障害が再燃した。Ciprofloxacinに変更したところ、2ヶ月間ごく軽い錯感覚が見られたのみだったが、その後これらの症状に耐えられなくなり、中止を余儀なくされた。総腓骨神経の伝導検査では伝導速度が 37 m/sで、短趾伸筋の針筋電図では脱神経電位を伴った多相性運動単位電位がみられ、toxic neuropathyに合致する所見だった。

Journal of Antimicrobial Chemotherapy誌には、スウェーデンからある程度まとまった報告がありました。

Peripheral sensory disturbances related to treatment with fluoroquinolones.

1993年、スウェーデンの医薬品副作用委員会 (Swedish Adverse Drug Reactions Advisory Committee; SADRAC) に582例のニューキノロン系抗菌薬の副作用が報告され、37例が感覚性末梢神経障害だった。21例が男性で、15例が女性であり、平均年齢は 51歳だった (16~89歳)。症状の出現は、治療開始後 1時間~4ヶ月後の間だった。68%が投与開始後 1週間以内で、86%が 2週間以内だった。症状は錯感覚 (81%)、しびれ感/感覚低下 (51%)、疼痛/感覚過敏 (27%), 筋力低下 (11%) だった。投与をやめてから61%が1週間以内に、71%が2週間以内に改善した。発症までの期間と症状の持続期間には関連がなかった。症状出現の予測因子は、腎障害、糖尿病、リンパ悪性腫瘍、神経障害の原因となる他の薬剤の使用だった。末梢神経障害の正確なメカニズムはよくわからなかった。ある 1例では、筋電図で異常なく、神経伝導速度は正常だった (浮動性眩暈、疼痛、筋痙攣を呈した症例→疼痛、筋痙攣なので、small fiber neuropathyだったと考えれば、筋電図、神経伝導検査が正常だった説明はつくように思うが、その辺の記載なし)。

これを見ると、大体の臨床像のイメージがつかめます。投与を開始してから 2週間くらいまでに発症し、length dependencyのある sensory dominant neuropathyを呈し、投与をやめると多くは改善するようです。

ニューキノロン系抗菌薬を長期使用する患者さんを診る機会はあまりないけれど、注意しておこうと思いました。


4 Responses to “ニューキノロン系抗菌薬と末梢神経障害”

  1. M より:

    はじめまして。「ニューキノロン、神経毒、末梢神経障害」で検索したところ、先生のサイトにたどり着きました。大変勉強になりました。実は、クラビット(500)を飲んだ初日から(3日間服用)身体のだるさ、足のしびれを生じ、その後7ヶ月近く、手足のしびれ、激しい脱力感、筋肉の痙攣(ぴくつき)、時折筋肉痛(アキレス腱、ふくらはぎ付近)に悩まされている者です。既に神経内科では、神経伝導検査、針筋電図をして頂きましたが異常なく、心因性のものとの診断を頂いております。私は心因性ではなく、薬剤性の末梢神経障害であると考えているのですが、この副作用は恒久的であるとの指摘もあり、もはや治らないのかと悩み苦しんでおります。ずっとメチコバールを服用しておりますが、改善の見込みはございますでしょうか。お手すきの時はないかと思いますが、もし何かよい情報等ございましたらご教示頂ければありがたいです。どうぞ宜しくお願い致します。

  2. タイフウノ目 より:

    はじめまして。私は宇都宮に住んでるものなのですが、2018年5月26日から、クラビット500mgを5日分処方(内科、左耳がひどい耳なりの為)され、5月26~29日までは、とてもひどい下痢、5月28日の夜、右手の手のひらの親指の付け根の辺りが腫れて、激痛。5月30日から、突然右手が使えなくなり、両ひざかかとが痛く、体に力が入らなくなり、歩行も困難になりました。それと、体中のむくみと考えがまとまらない状況でした。
    しばらく様子をみていましたが、改善されず、6月30日医者に確認したところ、様子をみるとしか言われず、途方にくれています。
    もともと持病(血管炎)があるのですが、こんな症状は初めてで、とてもつらいです。
    今の状況は、右手のしびれ(指に力が入らない)、両足のしびえ、右手が異常に熱をもつ、リンパ腺の流れが悪い、左肩が痛い、ひどいさむけ、体の振るえ、口と右手と両足のしびれ、耳の状況は、雑音がまだ聞こえます。
    すこしでも改善ができるのか、毎日不安です。涙がでてきて、本当に死にたくなってしまいます。
    少しでも改善ができることがあるのであれば、教えていただきたいです。
    宜しくお願いいたします。(受診にも行きます。)

    • migunosuke より:

      タイフウノ目様

      お辛いですね。状況がわからないのでなんともコメントできませんが、まずは主治医の先生とよく相談されるのがよろしいかと思います。
      もし、主治医の先生が神経内科やリウマチ・膠原病内科が御専門でなければ、専門の医療機関を紹介してもらうのも一つの手かと思います。
      少しでも良くなられること願っております。

      • タイフウノ目 より:

        お返事、ありがとうございます。
        主治医はしばらく来ないので、別の医者に頼みこんで、専門の医療機関の紹介状を書いてもらいました。
        日付はまだ先なのですが、もう少し我慢してみます。
        お返事、とても感謝しております。ありがとうございました。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy