敗血症の再定義

By , 2016年2月22日 5:23 PM

2016年2月22日 (日本時間 23日) から敗血症の定義が改訂されるそうです。

すでに新しい定義を紹介したサイトが有ります。

SEPSIS: REDEFINED

Sepsis

SEPSIS: REDEFINED

改訂のポイントは下記のようです。

・感染に加えてSIRSの基準を満たすという文言が削られ、SIRSの代わりに簡易版SOFAスコアが用いられる。具体的には、敗血症は感染に加えて、収縮期血圧 100 mmHg以下, GCS≦13, 呼吸数≧22の頻呼吸のうち 2個以上。または SOFA 2点以上の上昇。

・重症敗血症という表現がなくなる

・敗血症性ショックの定義が、敗血症+平均血圧 65 mmHgを維持するためにバゾプレッシンを要する+Lactate > 2 mmol/Lを満たすもの (※適切な急速輸液の後) となる。

ガラッと変わるのでビックリです。用語を間違って使わないようにチェックが必要ですね。

(2016.2.24追記)

JAMA誌に改訂された定義の詳細が掲載されていますので、論文にリンクを貼っておきます。無料で読むことが可能です。

The Third International Consensus Definitions for Sepsis and Septic Shock (Sepsis-3)

Assessment of Clinical Criteria for SepsisFor the Third International Consensus Definitions for Sepsis and Septic Shock (Sepsis-3)

Developing a New Definition and Assessing New Clinical Criteria for Septic ShockFor the Third International Consensus Definitions for Sepsis and Septic Shock (Sepsis-3)


Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy