Category: 雑感

夏休み

By , 2015年7月30日 9:59 AM

7月25日 (土) ~31日 (金) に夏休みを頂きました。

7月25日は沖縄行きの飛行機に乗るため、仙台空港へ。ところが台風が沖縄に直撃するとのことで、飛行機が欠航。福岡沖縄便が運行していることを突き止め、金銭的にかなりの負担ではありましたが、仙台福岡便と福岡沖縄便を予約しました。仙台福岡便では、裏富士、天橋立、鳥取砂丘などの名所を上空から見ることが出来ました。この航路では、左側の座席、つまり A席がオススメですね。福岡沖縄便は、数時間遅れでの運行でしたが、無事夜には沖縄に着くことができました。その日は妹夫婦の家で手料理をごちそうになりました。

7月26日は、ブセナ海中公園に行きました。台風の影響で、残念ながらグラス底ボートは運休。海中展望塔では様々な種類の魚を見ることができましたが、階段を降りて魚を眺めるだけで 1000円程度の入場料は少し高いかなと思いました。ここの観光を終えてからは、地元で有名な「なかむらそば」で沖縄そばを頂きました。午後は、トレッキングをするため、読谷村の観光施設内にある「おきなわ乗馬クラブ」に行きました。珊瑚の欠片が打ち上げられたビーチを馬に乗って歩くのは、沖縄でないとなかなか経験できません。スタッフもとても親切でした。ただし、この乗馬クラブでの外乗は、相当な経験者 (おそらく 150鞍以上) でないと引き馬なんですね。その点が物足りなく感じました。夜は「GOSAMARU」で焼肉をごちそうになりました。肉は最高ですし、おもてなしが行き届いています。素晴らしいお店でした。

7月27日は沖縄から福岡空港に飛んで、新幹線で岡山へ。帰省しました。親の健康相談を聞きながら、もう結構な齢なんだなぁと実感しました。

7月28日は、大山乗馬センターに行って、レッスン (指導されたのは、つま先を外に開いてふくらはぎをしっかり締めることなど) を受けた後に、5 kmの外乗に出かけました。丁度雨が上がったばかりで涼しく、湖畔に立ち込める靄が幻想的でした。いつも、乗馬の帰りは境港で海産物を買って帰るのですが、この日は乗馬を遅めに始めたため、境港は閉まっていました。残念。

7月29日は岡山空港から羽田空港に飛んで、知り合いのプロ棋士と大井競馬場に出かけました。馬券は外れましたが、最終レースまで遊んで、歌舞伎町のしゃぶ叙で閉店時間まで一緒に食事をしました。業界の違う友人との付き合いは刺激になります。

さて、夏休みはあと数日残っていますが、散々遊んだので、溜まった仕事を片付けないといけません。医療系の DVD出演の準備、Cochrane systematic reviewのプロトコル書きなど、期限のある仕事が目白押しです。ということで、当面の間バタバタしてブログはほとんど更新できなくなりますが、ご容赦ください。


Birmingham

By , 2015年7月8日 5:33 AM

6月29日に仕事を終えた後、30日午前 2時頃の夜行バスに乗って成田空港に移動。同日 Birminghamに旅立ちました。7月1~3日に開かれたCochrane DTA workshopに参加するためです。

UK Support Unit Cochrane Diagnostic Test Accuracy author training modules:
University of Birmingham, UK

3日間みっちりと勉強し、診断精度研究について、非常に勉強になりました。参加者は世界各地から 40名くらいでした。 2日目には 15人くらいと講師陣でパキスタン料理を食べに行きました。

ちなみに、Jon Deeks教授は、Cochrane libraryに interventionだけではなくて、diagnostic test accuracy (DTA) を加える事を認めさせるきっかけとなる働きかけをした方です。Cochrane DTA Handbookの著者でもあります。最後は、その Deeks教授 (みんな Jonって呼んでました) のサインの入った修了証明証を受け取りました。

EBM時代、こうした勉強をしておくのは非常に価値のあることだと思います。そして、海外の研究者に名前を覚えて貰えました (アジア人は私一人だったので目立ちました)。

7月3日は 15時くらいに終ったので、Birmingham美術館を訪れ、7月4日朝一の飛行機で日本に帰ってきました。おみやげに、TALISKER 57° 2本と、日本では手に入りにくい TALISKER DARK STORMを 4本買ったのですが、非常に重かったです。免税範囲を超えていたので申告したら、税金は 2200円の税金でした。日本では希少なウイスキーが手に入ったと思えば、安いものです。

7月5日帰宅後、冷蔵庫と IHクッキングヒーターを自宅で受け取りました。これでウイスキー用の氷がいつでも手に入るし、(飲みに来た人が) つまみを作ることも出来ます。料理をしない人間にとって、冷蔵庫 470 Lはかなりのサイズですが、地酒保存用としますかね・・・。

7月6日は時差ボケにそれほど苦しむことなく出勤。また、当直でした。


還暦「レジデント」研修記

By , 2015年6月23日 7:39 AM

私は以前、李啓充先生の「アメリカ医療の光と影」という連載のファンでした。ブログに紹介したこともあります。

続 アメリカ医療の光と影

その著者である李啓充先生が、なんと福島県の大原綜合病院にいらっしゃっているようです。

人生の第4コーナーにさしかかって

李 啓充(大原綜合病院内科)

(略)

かくして,私は,村川君との縁があっただけに,福島の状況に一層感情移入するようになった。やがて,「小さな子どもを持つ医師が放射能被害を危惧して福島を離れ,医師不足がさらに深刻化している」と聞いたとき,福島への感情移入が「子育て後の身の振り方」についての思案と合体することとなった。「もう人生の第4コーナーを回っているから少々放射能を浴びても影響は些少。私のような年寄りが行かなくて誰が行く」と思うようになったのである。

同じ福島県で働く医師として親近感があります。連載を通じて多くのことを教えてくださった先生ですし、どこかでお会いできるのを楽しみにしています。


フンボルト協会 2015年度年次総会

By , 2015年6月14日 8:34 PM

2o15年6月13日 (土)、フンボルト協会 2015年度年次総会のため京都府立医科大学に行ってきました。

日本フンボルト協会

フンボルト協会は、ドイツに留学する研究者や学生に対して奨学金を交付しています。私は今のところ留学の予定はないのですが、フンボルト協会の奨学金でドイツ留学をしたことがある知り合いに誘われたので、聴きに行くことにしました。音楽家の診療について、憧れの研究者がドイツにいるので、ドイツに留学することが絶対にないとは言い切れませんしね。

この日は、目的とするドイツ研究留学説明会の後、安成哲三氏による「地球の未来と科学の役割」という講演 (地球温暖化などについて)、砂原悟氏のコンサート「6つのピアノ小品集 (ブラームス)」があり、最後に会員総会がありました。私は会員ではないので、会員総会の時は京都散策をしていました。

それが終わってから、京都府立医科大学附属病院外来診療棟 4階の「オリエンテ」での懇親会に参加しました。本当は、非会員は参加できないのですが、知り合いの同伴者として参加させて頂いたのです。

懇親会には、さまざまな専門の研究者が参加していたので、普段聴けない話をたくさん聴くことができました。例えば、某大学の法学部の教授からは、1800年代のドイツ法について話を聞きました。私は法学には疎いのですが、アルツハイマーの時代にはドイツの法律には精神病患者の扱いについて明記されていたとか、ヘンデルの父親がヘンデルを法律家にさせたがっていたとか、そんな小ネタを喋ってみました。すると、その方はクラシック音楽が大好きらしく、盛り上がりました。

懇親会が閉会してからは、知り合いが iPS細胞研究所 (CiRA) の研究員を呼び出してくれて、4人で飲みました。丁度、私が興味を持っている神経変性疾患の研究をしていて、非常にためになる話が聴けました。


医療関係者の方はいませんか?

By , 2015年6月8日 5:26 AM

最近、通勤電車内で「医療関係者の方はいませんか?」という放送がありました。何事かと思って現場に駆けつけると、すでにナースが手当をしていました。診察してみるとそれほど重症ではなさそうで、大事に至ることなく、患者さんは救急車に乗って行きました。

電車を降りると同僚の姿。「何で行かなかったの?」と聞いたら、「だって、職業ばれるでしょ。先生、もう電車で酒飲めませんよ。電車で飲んでたら『あ、またあの医者酒飲んでる』って言われますよ」と言われました。確かに・・・。その矢先にこんなニュース。

「お客様の中でお医者様はいらっしゃいませんか」←なんと6割の医者が無視することが判明

医者の知り合いたちと Facebookで話題になったのですが、やはり電車の放送で出て行くのはリスクが高いですね。完全ボランティアだし、仮に出て行ってもできることは限られるし、訴訟で敗訴しても保険金が下りるかどうかよくわかりません。ヘタすると億単位の借金を背負うことになります。私も次からは出て行くかどうか微妙なところ・・・。

交通機関内ではある一定件数救急患者が発生するのだから、それを医師のボランティア精神にだけ委ねるというのは、どうかと思いますよ。医師は訴訟リスクを負っているわけですから。

そんな中、航空会社のルフトハンザは、このようなプログラムを用意しています。さすがと思います。ルフトハンザを使う機会があったら、これは契約しようかなと思いました。

「Doctor on board」プログラム

機内で医療援助が必要となった場合、「Doctor on board」プログラムにご登録の医師の方に援助をお願いいたします。ご登録いただいた皆様にはルフトハンザより謝礼を進呈いたします。

  • Miles & Moreの5,000アワードマイル
  • 「Handbook of Aviation Medicine: and In-Flight Medical Emergencies(航空医学・機内医療援助ハンドブック)」1冊
  • 今回より新しく追加: プログラム参加者用にデザインされた特製バッゲージタッグ「Doctor on Board」
  • 今回より新しく追加: 次回のフライト予約でご利用いただける50ユーロ分のプロモーションコードを1回分、および定期的なキャンペーン
  • 今回より新しく追加: ルフトハンザにてDeutsche Akademie für Flugmedizin(航空医学ドイツアカデミー)との提携による、ルフトハンザ医療サービスが提供するセミナー(有料)への参加。その際にはCME ポイントも取得できます。

賠償責任と保険

医療援助を行った医師の方は法的に保護されます。ルフトハンザ ドイツ航空がそのような事態に備え契約している責任保険の範囲で治療を受けた搭乗客からの賠償請求に対しては填補されますので、医師のお客様ご自身が責任を問われることはありません。ただし、故意による過失は除外されます。この免責は医師の方ならびに医療関係の援助者の方にも適用されます。

日本の交通機関も、こういう制度が出来ないものですかね。何かあっても、私はもう出て行きませんからね。(とかいって、また勢いで出て行ってしまうかもしれないなぁ・・・。)


発熱

By , 2015年6月4日 6:55 AM

6月2日に再度発熱しましたが、それほど高熱にならず、1日で解熱しました。現在は咽頭痛のみ。

家族性地中海熱 (FMF) をモジッて、勝手に福島熱 (FukushiMa Fever; FMF) と呼んでいますが、もちろんネタです。

2月にも 1度発熱していて、今年は割と良く熱出しているなぁ・・・と。しばらくは、体調管理に努めます。


懲戒

By , 2015年5月31日 7:32 PM

詳細がわからないのでコメントは避けますが、こんなこともあるんですなぁ・・・。

50代教授がパワハラで懲戒 自治医大神経内科 医師の退職・異動相次ぐ


JAMAから寄せられた疑念

By , 2015年5月22日 12:12 PM

2005年、脳卒中後の患者にビタミンB12と葉酸を投与すると大腿骨頚部骨折が減少するという論文が JAMA誌に掲載されました。Abstractを見ると NNT 14 (14人に投与すると 1人骨折を防げる) と書いてありますから、相当強い治療効果といえます (余談ですが、アスピリンによる慢性期の脳梗塞二次予防効果ですら、NNT 111/年程度です。クロピドグレルはアスピリンに対して脳梗塞予防効果で NNT 167程度。こちらの総説参照)。

ところが、この研究が本当に正しかったのか、2015年5月19日にJAMA誌が疑念を表明しました。

Expression of Concern: Sato et al. Effect of folate and mecobalamin on hip fractures in patients with stroke: a randomized controlled trial. JAMA. 2005;293(9):1082-1088.

JAMA誌は著者らの所属機関に連絡を取り、調査を要求しています。そして、その結果次第で、追加措置を決定するとしています。調査の結果次第では、また日本の科学界に不祥事発生???

ちなみに、ビタミンB12絡みで昔ブログ記事書いたことがあったような・・・と思って過去ログを見直すと、この著者らの研究でした。うーん・・・。

アルツハイマーとビタミンの記事の感想


2015年神経学会総会の予習 (夜の部)

By , 2015年5月16日 8:04 PM

2015年5月20~23日、新潟で神経学会総会が行なわれます。私は、病棟業務との兼ね合いで、5月21~23日に参加します。

第 56回日本神経学会学術大会

さて、学会の中で最も予習が必要とされるのは夜の部です ( ー`дー´)キリッ

Facebook等で現地情報を集めた所、下記の店を教えて頂きました。先ほど予約を済ませましたが、かなり席が埋まっているようなので、行かれる方はお早めに予約を。

いかの墨

蒲原銀次

いっこう


発熱

By , 2015年4月29日 6:41 AM

昨日 4月28日は勤務先の初当直でしたが、なんとその夜に発熱。先ほど病棟の体温計で 37.7℃でした。多分、ただの風邪だと思いますが、GWまでには治さないと。

発熱するたびにブログに書いておくと、「発熱」で検索すれば年に何回くらい風邪を引くかがすぐにわかって便利。だからといって、何か治療が変わる訳ではないのですが。


Panorama Theme by Themocracy